次女寝取り

俺・加瀬亮悟には天下一可愛い次女が掛かる。俺とさして年代も離れておらず、学徒の葵。
けど、そういう葵が今どき俺に対して非常に白々しい。
「とっくに早朝だよ、あっという間に起きてよね」
なるほど、朝からこうした起され方をする毎日。昔はお兄ちゃんお兄ちゃんと俺に甘え、慕ってくれたのに。なぜです……。
そう、俺が社会人になり、売買が忙しくて何となくかまってやれなかったことがきっかけです。その上、葵には年上の家内まで出来たと言う。糞!!次女が、葵が知らない父親に犯されるとか最悪だ!なんとかして防がねば……。
そんな時だった。
「え、出張?」
モラルが二人揃って出張に赴き、俺は葵とツーショットに陥る間を手に入れた。ほとんどこれはゴッドが俺にくれた時機だろう。
だから俺は親のいなくなった日光の夜中、葵のホールに忍び込んです。ごちそうに有する薬のお蔭でスヤスヤと眠り込む葵。桃色のパジャマファッションが美しい。
「寝てるし……しちゃおうかなぁ。なんちゃって」
流石に躊躇する俺。だが、葵が寝言でプロフェショナルの姓名を呼んで気持ちが変わった。
「葵、アッという間にお前をお兄ちゃんのものにしてやるからな」
葵のパジャマのハイパーリンクをぷちぷち脱がせて出向く。露わになる桃色のインナー。やべぇ、興奮する……!
ゴクリ。ようやく、次女を犯す!徹底的に。
読物作品は男性向け品物で、溺愛やる次女を兄が監禁し、稽古エッチしまくって仕舞うというアナウンス。
これはヌける!!葵くんが心底可愛らしいだ。端末で発売された読物作品。挿絵が非常に上手く、最初枚最初枚がCGなので非常に見ごたえがあり鵜ます。
小規模とは言え、形の済むおっ○いを感性を兼ね備えた葵くん。つるつるのアソコと効く、性情報・トライアルが未熟なのに加え、処女なのもいいですね。やむなく言いつつも兄に犯されてしまい、段々と兄に傾倒して出向く……近親相姦アイテムの常識とは言え、葵くんの寝ているファッションを見てるだけでもヌけちゃうんですよ。
おまけに読物作品はニュースにもよりますが、マッチブックなので代わり付きだ。取り敢えず最初の代わりですが、寝ている葵くんにキスをするか、乳首を舐めるか選ぶ事が出来ます。
バッドエンドなどありませんので、完全に好きな方を選んでいいですね。おっ○いかキスか、どっちもよろしい!
ちなみにキスすると葵くんは寝ていながらも本当に応えてくれ、舌をちゅうちゅう吸って絡めてもらえる。寝てても機能が大きい事が分りますね。
読物作品はおしゃべり頭数も比較的に速く、さくさく読めるのが魅力的ですよね。利点も安いですし。挿絵も凄い念入り。
読物作品はハンディアニメ他で褒賞送信インナー。善悪一度!
アゲールプレミアムナイトブラ