就職のための面接について

人事担当者は、採用に至るステップのどこかで必ず面接を行います。面接を突破しなければ、採用にこぎつけることはまずありません。会社によっては適性検査や筆記試験が行われますが、その人がどんな人で、どういった考えを持っているかは計り知れません。直接会って話をすることで、その人がどういった考え方をしている人なのかを判断するのです。社長や、部長など、その会社で重要なポストにいる人が面接に加わることもあります。最初は人事担当者との面接、次は部長や次長との面接、最後に社長や役員との面接という形で面接が続くこともあります。さらに、面接官と応募者が1対1ということもあれば、3対3などそれぞれが複数ということもあります。4~5人の採用担当者が、1人に対して行う面接もあります。どんな場合でも、面接官側が質問し、それに対して回答するというスタイルになります。面接で問われることは、志望理由、どんなことに興味を持っているか、学生時代に何をしたかです。少人数のグループをつくり、各グループごとに討論をしてもらうグループディスカッション形式で、応募者をまずふるい落とすような会社もあります。面接の場で取り上げられる話題は、その企業によってまちまちです。そのため多くの人は、事前にその傾向を調べておき、本番にそなえて対策を練っています。
東急多摩川線 セフレ 出会い