がんばれベアーズの野球少年たち

本作は1976年に公開されたアメリカの映画で、ジャンルはスポコン。スポコンと言っても努力や勝利などより、コミカルなコメディ路線。監督はマイケル・リッチー。映画終了後、続編やTVシリーズも作られた。

アメリカの西海岸の街。其処には問題児ばかり集めた弱小野球チーム、「ベアーズ」があった。だが、新しく監督が赴任する。彼の名はモーリス・バターメイカー(ウォルター・マッソー)。金の為に引き受けた彼は非常にやる気がなく、少年たちも何も変わらないと思った。

だが、彼が来て、着実に変わりつつある日々。それが具体的に何かは少年たちは分らない。けれど不良少年にして、強打者であるケリーやコーチの娘、アマンダが加入するなど、日が進むにつれて、彼らはどんどんと強くなっていく。そして、運命の試合へ……。

野球とコメディは相性がいい。そんな事を感じさせる作品です。子供達が最初はチームワークもバラバラ、野球もまるで駄目でどうしようもないのですが、どんどんと一致団結していく姿は非常に見ていて清々しい。

ちなみに本作はニュー・シーズンとして近年リメイクもされており、如何にその人気が当時から現在まで高いかをうかがわせます。そちらではビリー・ボブ・ソーントンがマッソーの役、監督役だそうです。

何にせよ、気軽に見られてほどほどに胸が熱くなる良い映画です。日本でも『巨人の星』など少年野球を題材にした作品が昔はあり、今も様々な漫画がありますが、本作はそんな今の野球漫画の原点にあるのではないかと感じさせられる作品です。
名古屋市 闇金 相談