悶絶教室で学ぶ教育

ごく平凡な女子高生・藤崎小春が通う高校は、県内でも有数の進学校である。他の学校と大きな違いはない学校なのだが、一つだけ変わったルールがある。
「ほら、早く脱いでよ。小春ちゃん。みんな待ってるんだからさぁ」
――罰ゲーム週間。この学校には校則を破った際、学校の指定する罰ゲームを受けなければならないというルールがある。
そして、先週の金曜日、小春はこの罰を受ける事になった。理由は煙草とライターの所持。勿論、小春が持って来たものではない。何者かが彼女のカバンに仕込ませたのだ。弁明も聞き入れられず、
「藤崎。お前は男子と一緒に柔道をやって貰うから、着替えも男子と一緒にここで済ませなさい」
「えっ!?今、なんて……」
「マジで!?」「小春ちゃんの着替えを見れるってこと!」
「連絡は以上。遅れるなよ」
先生の言葉に放心する小春。ショックで着替える事も出来ないでいたが、仕方なく、スカートから脱いでいく。
露わになるピンクのパンツ。ざわめく教室。
「小春ちゃんのパンツ見れたとかラッキー!」「おい!早くしろよ!遅れるだろ!」
「うぅ……」
急かされ、小春は上着も脱ぎ始め……
――これは、美少女が男子生徒にエッチされまくっちゃう
滋賀県 車 査定